• このエントリーをはてなブックマークに追加

オリジナル化粧品はoem小ロット供給が可能な会社で見積もり

化粧品は化粧に利用するアイテムで、ファンデーションや口紅などを初め、マスカラやアイシャドーなどのメイクアップアイテム、肌状態を整えてくれるもの、毛髪用などの場合は、シャンプーやリンス、ヘアトニックなども含まれます。
粗品などで配布したい、イベント時のノベルティとして配布したいなど、オリジナルで作りたい場合は、oem供給している会社に依頼する事で、自社ブランドとして提供する事が出来るようになります。
ちなみに、OEMとは受託生産メーカーを意味する生産用語で、Original Equipment Manufacturingもしくは、Original Equipment Manufacturerの略語です。
相手先商標による生産や納入先ブランドによる受託製造などの意味を持っており、1950年代にアメリカの電気業界が始まりと言われています。
尚、小ロット生産も可能にしている会社もあるので見積もりを依頼するのがお勧めです。

ネットを利用する事でメーカーを見つける事が出来ます

オリジナル化粧品としても活用出来るのがoemの魅力です。
通常は自社開発を行うなどが必要になりますが、イベントやノベルティで配布をしたい場合など、自社開発が出来ない会社などでは難しい問題です。
ネットを利用する事で供給を可能にしているメーカーを見つける事が出来るので、ノベルティやイベント時の配布に使いたい時など検索がお勧めです。
ちなみに、供給する会社によりロット数は様々で、店頭用と業務用などで最少ロット数も変わります。
例えば、店頭用として販売する場合には300個から、業務用として利用する場合には100個からなど、利用目的に応じて変わるので、目的を明確にした上でメーカーを選ぶ事も大切です。
尚、メーカーを幾つか絞り込んで見積もりを作成する事で、コストを抑えたアイテムを供給して貰う事が出来ます。

開発に掛かるコストと試作品について

化粧品の開発には膨大なお金が掛かりますが、oem供給であれば開発コストは実質ゼロで供給して貰う事が出来ます。
試作品などについては無償で行ってくれるメーカーもありますが、量の指定、特殊な原料を使う場合にはコストが掛かるので注意が必要です。
ちなみに、コストは仕様およびロット数などにより異なりますが、小ロットや大ロットに関係なく製品化するまでには何度か試作品を製作し、試作品が完成した段階でバルクとしての見積もりが提示される事になります。
尚、中身はメーカー製、パッケージや容器、ブランドロゴなどは自社のものを使えるのでオリジナル品としても最適です。
パッケージの製作、容器の種類の選択などについてはメーカーに依頼が出来ますし、ブランドロゴなどについてもデータを提供する事で一貫した製作も出来ます。
さらに、デザインを作っておけば自社デザインを使った製品作りも可能になるなどのメリットもあります。

安心して商品作りを一緒に進めていけるよう、OEMという形がオススメです。 OEM会社でコストを抑えた製品作りを行っています。 ヘアケア商品だけでなく、フェイスケアやボディケア商品もご用意が可能です! 商品打ち合わせ後のデザインや納品までの流れをご覧いただけます。 はじめての化粧品作りでも製造会社に依頼するメリットがたくさん! フルオーダー商品の作製を得意としている信頼ある企業です。 オリジナルの化粧品をoemで小ロット依頼!

ピックアップ記事